元来、高血圧の家系だったそうです。

私は20代前半で高血圧になってしまいました。

職場の健康診断で判明したのですが、安静時でも上が150あり、最初は健康診断にきている看護師さんに何度も図りなおされました。

しかしいくら図っても上は150で下は120くらいだったのです。

その前の年までは上が110くらいでしたので急に高血圧になったのです。

それを話のネタとして母親にしてみたところ、母親は薬を飲まないと血圧の上が200を越えるようで、現在は薬で抑えているのだそうです。

母の母も血圧が高く、私が生まれる前に逝去しているのですが高血圧が原因で亡くなっているそうです。

どうやら家系として血圧が高いみたいなのですが、最近それだけではないだろ、と思うようになってきました。

今、親と暮らしているのですが、食べ物の味付けが非常に濃いのです。

それだけではなく、寿司などを食べるときネタの上下にべっとりとしょうゆを塗るのです。

もしかして塩分とりすぎも原因なんじゃないか、ということです。

私は今まで他人の食事の光景などをじっくり観たことがなかったので、外食時自分の家族がどれだけ塩分とりすぎているのかどうか、というのを客観的に見れませんでした。

しかし、高血圧と診断されてから観てみると、他人よりもはるかに塩分を摂取していることに気づいたのです。

私はこれに気づいたので、まずは塩分を抑えるという自制から始めました。

20代の高血圧だからといって安心しては居られなかったからです。

まずは塩分を抑えるというところから始めたのが良かったのか今では血圧は安定して正常値になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です